傘を忘れてきてください

ほの暗くひっそりと

初めてプチ整形をしました ~カウセ巡り→手術編~

卒論が終わった-!!!正確にはまだ終わってないけど私の中では終わった-!!
 
それでは前回に続きまして、今回はカウセ巡りから手術するまで編、そして最後に私が伝えたいことをお送りします。
 
*カウセ(カウンセリング)とは*
したい手術について、先生から説明を聞くことです。打ち合わせみたいな感じ。
美容外科に行く目的は、主にカウンセリングまたは手術です。 
先生の人当たりとか、希望する手術の適性とかを把握するための大事な大事な行程。
 
手術の適性というのはたとえばこう。
私の場合、目の幅がドドド狭いので目尻切開もしたくてそれも相談しました。
だけどある先生に、私の目は目尻切開ではあまり効果を感じられないだろうと言われました。目尻切開への適性が△だったんです。
こんな感じで自分の顔の状況、なりたい顔、希望する手術の方法が合っているか相談したり、手術のデメリットを聞けるのがカウンセリングです。
 
整形も魔法ではありません。
私は有村架純さんの顔が大好きなのですが、札束持ってクリニックの扉をトントンして有村架純の顔にしてください!って言ってなれるかといったらなれません。
家が建つくらいのお金と長い時間をかけて大きなリスクを負えばある程度までは近づけるかもしれないのですがそれでもそっくりは無理です。
私の場合は目幅でしたが、黒目の大きさやパーツの位置、肌の色など、喉から手が出るほど欲しくても手に入らないものはたくさんあります。ちなみに私はできるなら声の整形をしたい。そんなん日本にはないけど。
かわいい人はそういういくつかの条件が揃ったパーツが絶妙なバランスで配置された顔面を生まれつき持っているわけです。そう考えるとただの奇跡です。私の顔面もある意味奇跡です。涙しか出ねえ。
 
で、一般人の症例写真がいっぱい見られるアプリを見て気になったクリニックをピックアップして、口コミから先生の美容外科歴などまでもろもろ調べ上げて、それから実際にカウセを受けに行きました。ふたえのときは4人の先生のところに行きました。
 
行った4院はフォロワーさんが受けてたお財布にやさしい大手のS、某Youtuber御用達のI、yes!な大手のT、そして好みな症例写真満載のM。
 
これだけ行くと自分の好みがわかります。
例えば、大手のSとTに行ったとき、混んでるのを見てちょっと不安になりました。
先生の前後のスケジュールがギッチギチな状態で手術受けるのはなんだか心配だし*1、何かあったときもさらっとした対応しかしてもらえないのでは…?と。だから症例が好みでも、大手は極力選ばないっていうこだわりができました。
 
最終的に私がお願いしたのはMでした。大手ではないけど整形界隈ではわりと評価が高いM。
待ち時間もそんなに無い。指名した先生も美容外科医にありがちなせかせかした喋り方ではなく、ゆっくりお話できました。
ふたえの適切な幅などなど基本的なことを聞いて、こちらからも数点質問して終了。
このとき諦めてた目尻切開のことも少し聞いたんですが、私の目がどうこうというよりは7割くらいの確率で後戻りが起こるので、効果がないと言ったらあれだけどそれを承知でやるならいいと思うとのことでした。なんだ~後戻りしちゃうんじゃん!よかった~!(よかったとは)
症例写真も好みのものばかりだし、先生も信頼できそうだし、この先生は人気で予約がとりづらいこともわかっていたのでこの日に手術の予約をして、支払いのことや当日の注意事項、1週間前からアイテープ等の使用が禁止(←致命的)なことをカウンセラーさんから聞いて帰りました。
 
ちなみに美容外科のカウセではエステみたいな強めの勧誘はほぼありません。見積もりによくわからない手術が足されてたことはありましたが笑、どこも最終判断はこちらに任せてくれます。何か契約しないとなかなか帰れないとかありません。向こうも暇じゃないので当たり前ですけどね。でもその代わりにオプション(細い針など)や、もっと高いコースをおすすめされたりすることはあることもある。
 
でもね、カウセ巡りって楽しいですよ!
美容外科入るのって緊張するし先生とお話するのも緊張します。
ふたえの幅決めるときとかは自分で手鏡を持って先生には先細の編み棒みたいなやつでまぶたを押さえてもらうんですけど、緊張しいなので鏡を持つ手が震える笑 
でもどこの院内もめっちゃきれいだしお姉さん達もきれいで優しいし、何より自分の顔の問題がわかる!!
たとえば私はまゆげの高さが左右でめっちゃ違うんですけど、剃り方がおかしかったのかとばかり思っていました()
そしたらちがくて、目を開けるまぶたの力が左右で違うんだと。
まぶたの力が弱いと、まぶただけじゃ目が開けきらないから、目を開けるのをおでこで補助しているんだと。
だからまぶたの力が弱い方のまゆげだけ上がっちゃってるんですって。
これ聞いてほーーーー!!!って今年イチの納得でした。超感動した!!!
カウセは緊張するけどこういう発見があるからやめられないよね-!
 
そして、アイテープ禁止期間を乗り越えてついに手術当日。
保冷剤を大量に持って、BANGER NIGHTを聞いて戦闘力上げつつ、いざクリニックへ…!!
ちなみにこれから初めて整形するのに電車の中では寝てました。強い。
 
受付を済ませ、洗顔をして看護師さんと一緒に手術室に入ります。
着替えとかはしません。
手術台に仰向けになったらまず目薬さすみたいに表面麻酔をさし、効くのを待ってる間に顔面を入念に消毒してもらいます。
 
そしたらいよいよ先生も手術室に入室!
で、最初に二重幅の最終確認をしたんだっけな…局所麻酔(歯医者さんでやってもらう注射のやつね)したんだっけな…()
って感じなんですけどデザインからだった気がする。
私は普段アイテープで作ってたラインが、ちょうど私の目で一番広く作れるラインだったのでそこでお願いしました。棒で押さえてもらいながら何度か目を開けたり閉じたりして、丁寧に印をつけてもらいます。
 
そんでまぶたをひっくり返して裏側に注射器で麻酔を打ってもらいます。
もう字面だけで痛いし、手術始まるまであんま怖くなかったけどこの瞼の裏の麻酔だけが怖かったです。それで実際どうだったかっていうと怖かったし痛かった笑 
それから瞼の表側にも麻酔を打ってもらって次にいよいよ縫っていきます。こっちは大丈夫だった。まあ痛いは痛いですけどね。裏は痛いだろうなーっていう先入観あったけど表はあんまなかったからですかね。
表面麻酔をしても局所麻酔は痛いし局所麻酔をしても縫うのは痛いです。我慢できないほどじゃないけど痛かった。埋没ナメてたわ…
痛いと力が入って内出血につながるから必死で深呼吸して力を抜いてました。
 
院内BGMでピアノアレンジされた嵐の懐かしいなんかのドラマの曲を聞きながら縫い縫い。
痛いんだけど、麻酔のおかげで感覚は鈍くなってるから自分のまぶたが今どうなってるのかはわからないです。ひっくり返ってるのかどうかもわからない。あ~私のまぶたが弄ばれてる~~…って感じ。あっ針刺さった!は痛いからわかるけどそれ以外はあんまわからない。
で、糸を切る前に起きてもっかい自分でラインを最終確認。
そして糸を切ってもらって、最初につけた印を消してもらって終了。
点眼薬を看護師さんからもらって説明を受けて、手術室を後にします。そして準備スペースに戻ってきて、帰る準備ができたら受付に声かけてくださいね~と言われて解散。準備スペースには次の施術を待っていると思われるお姉さんが待機してました。でも営業終了時間間際だったので私と同じ埋没か注射系のすぐ終わる施術だったんじゃないかな、わからないけど。私がこの日最後だと思ってたのに大変なんだな…
 
終わってからはずっと鈍痛。でも帰りの電車は満員電車だったので、もってきた保冷剤で心置きなくまぶたを冷やせてよかったです。誰も私のことなんか見ちゃいない。
 
でそのまま一蘭に行ってこってりラーメンのおいしさを再確認し、ネカフェに来てこれを書いている(いた)わけです。本当は目をあんま使うとよくないんだけど、現代において目を使わない暇つぶしってなくないですか…
私、親に内緒で手術をしたんですよ。だから家にいる時間が長くなればなるほどバレる可能性が高まるのでこうして時間をつぶしています(した)。
 
整形って賛否両論分かれますよね。
親からもらったからだにメスを入れるのってどうなの、とか。
私の母親はこちら派です。とにかく自然が一番!っていう考え。
だから私がまつエクをしただけで、ほくろがとれるという噂のクリームを塗っただけでま~~ちくちくと言われました。(ただ本当にとった時は全く気づかれませんでした。2週間創部をテープで保護してたけど。肌色のテープだったからかな。)
 
整形する人は努力が足りないっていうのも言ってることはわかります。
たとえばふたえにするマッサージや鼻を高くするマッサージ。これは努力ですよね。でも、3ヶ月費やして効果が出るかわからない。
ならばリスクを背負ってでもお金を出してすぐに確実に効果を出したいっていうのが整形する人達の考え方なんじゃないかと思います。
そもそもピアスだっておしゃれのために軟骨破壊してるしそれはいいのに整形はダメってのが私にはよくわからない。
 
私はこの顔で21年間生きてきたので、振る舞い方もブスです。
一本道で対向者が多かったりすると足元しか見られない。顔を見られるのが怖い(雨の日は傘があるから助かります。透明傘だと意味ないからちゃんとした傘を買ったくらい傘は助かる)。
可愛いと言われたときにその場しのぎのありがとうも言えない。
自分にふりかかる悪事や、人から嫌われるのは全部顔のせいにする。
 
全部顔が悪いからいけない。
 
実際はそんなことない。人って、外見は大事だけど外見が全てじゃないから、明るくて性格が良ければもしかしたら整形なんて考える必要もないくらい周りに愛されていたかも。だけどそれに気づいたのが遅すぎました。
でも性格は整形できないですよね。ならば顔を変えて少しずつでも自分に自信が持てるようになりたい。素直になりたい。可愛いと褒められたときに「いいえ私はブスです」じゃなくて「ありがとう」と言える人間に。顔のことを気にせず、人の目を見て話せる人間に。卑屈に考えないで物事を客観的に見られる人間に。
私は整形によって劇的に変わろうとは思ってません。ただ死ぬほどコンプレックスに勝手に感じてるところを少しでもマシにして自分にちょっとでも自信が欲しい。
 
私が整形に踏み切った理由は、私の顔が私の感性と合わなかったからです。心と体が合ってないから。だから顔を変えました。もはや二重手術は整形じゃないという意見もある中、たくさん考えました。
ふたえにして3週間経ちましたが、本当にやってよかったと思ってます。今までアイシャドウができなかったけど、できるようになって楽しいです。
 
気軽に整形に踏み切る人もいるんだろうけど、そうでない人もいて、それぞれ思い立ったきっかけや理由があるはずです。
それをわからない人に頭ごなしに否定されたくないなって思います。
幸い私の周りにはそういう人いないんですけど、でも匿名のTwitterみたいなとこで言われたことあります。整形なんて親不孝だ、みたいな。
 
見ただけで「なんで睨むの?」って言われたことありますか?
顔を見られるのが怖いからと傘を買い換えたことありますか?
 
コンプレックスなんて誰にでもあるだろうけど、コンプレックスのせいでやりたいことに踏み切れない程ならちょっとくらい大目に見てほしいですね。 
 
それでは長々とお読みくださりありがとうございました。

いつかまた何かの機会で自分語りをしたくなったらお付き合いください。
追伸:母は全く気づく気配なしです。

*1:どこのクリニックも先生は忙しいということは後から気づきました

初めてプチ整形をしました ~決断するまで編~

吾輩はブスである。人権はまだない。 

 

ということでプチ整形をいたしました。

今、手術後のネカフェでおでこを冷やしながらこの記事を書いています。

目は負け組一重(正確には奥二重)、目幅が狭くつり目、鼻は団子、エラは張っている。

唯一の長所は父親譲りの肌の白さ。 

そんなブスの典型が、とりあえず埋没で目をふたえにした。そこまでの備忘録です。

今回は「決断するまで編」ということで、整形を決断するまでを書きました。よろしければお付き合いください。

 

 

私がブスを自覚したのは小学生の卒アルでした。

今まで整形した人のTwitterとか、テレビ出てる人とかいっぱい見たけど、私はどちらかといえば自覚が遅い方かもしれません。

卒アルを見ました。クラスのページで自分の個人写真を見ます。

あれ、なんだか自分、他の子みたいに可愛くないなぁ。

自分の顔を写真でまじまじと見るのは初めてでした。

それまでは画質が粗かったり集合写真の中の小さい範囲だったので、顔の造形まで見てませんでした。

卒アルの中の私を初めてじっくり見たらとっさに目をそらしたくなった。
だけど周りも卒アル見て自分のことブスだ~とか言ってるし、まあみんな自分の顔に対する感想ってそんなもんなんだと思っていました。
だから「平均よりちょっとブス」みたいな感じだと思ってました自分のこと。

しっかりブスなのに可哀想ですね。 
 
ある日、クラスの子をちらっと見ただけで「なんで睨むの?」って言われました。
小学生ながらにけっこう傷ついたけどそれがおそらくこの目のせいだと気づいたのは最近。
当時、人間関係で窮地に立たされていた私。味方は自分だけ。
「睨んでないんだけど…」と思いながら、

「睨んでごめんね」と謝ったのは忘れられません。悔しかったなぁ。 
 
そして私の頭の中に整形という二文字が浮かび始めたのが中学生。
きっかけは何だったかな~忘れちゃったけど私当時亀梨さんのファンだったんですよ。

インターネットを小学生で覚えた私は、中学生になって亀梨さんのことをいっぱい調べました。
芸能人って、検索すると「整形」って絶対出てくるじゃないですか。
だからそのページをなんとなく見たのが、整形を知った第一歩でした。*1
それから友達と外見の話になると、「私将来整形するんだ~」って言ってました。
だけど本当にしようとはあんまり思ってなくて。
だからといって、整形なんてそんな~!可愛いよ~!と返して欲しいわけでもなくて。
「自分がブスだってことを自覚してま~す!」ってアピールするためでした。
3年生のとき、名前も知らない1年生のバスケ部2人組♂に顔面を貶されたりもしました。なんで初対面でそんなこと言われなきゃいけないんだよ。

 
それから高校生になっても劣等感を順調に育てていきました。
もうこの頃はとにかく僻みがヤバいし、可愛い顔してる友達に「顔交換してくれよ~(^^;;)」って冗談を言ったら「え~嫌だ~笑」って言われたことも忘れられません。
ごめんごめん私が悪かった。そりゃ誰だってブスにはなりたくないよな。
私も好きでブスになったわけじゃないからな~!わかるわかる~その気持ち!(?)
ただ成長で顔が変わるって聞いてたから、当時すでに完成されたブスだったにも関わらずそこに賭けてました。
大学生になったら、20歳になったら、何もしなくてもきっと今より可愛くなっている。そう期待していました。バカって素敵ですね。
 
 
そして大学生、化粧に興味をもたないまま、突然可愛くなるその日が来ることを待ち望みながら芋っぽく1年が過ぎました。
3年生、ゼミで合宿に行きました。メンツは♂5、♀5。一日目の夜に飲み会がありました。
 
そこで私のターニングポイントがやってきました。
べろべろに酔った男の一人が、綺麗な顔してる女の子に言いました。
 

 

 
「ブス笑」
 

 

 
言われた子も気が強い子だったから言い返してたしあんま気にしてるようには見えなかったけど、
多分その輪の中で一番ショックを受けてたのはそれを言われてないシラフの私でした。
 
綺麗な子でさえブスって言われてるってことは私はもう人間として見られてないのでは…?
その男のことは別に好きなわけでも何でもないしそいつにどう見られてたってかまわないけど、ブスとはいえ結婚願望とかあるし、好きな人にそう思われたら悲劇でしかない。
 
それからコスメを色々買ってダイエットもしました。4キロ落としました。まだこれでどうにかなると思っていたんですね。おめでたいですね。化粧を信じすぎです。
 
そして4年生になって就活、「顔採用」という言葉を知ります。
別に顔採用するような職種(受付や人事や営業など)は希望してなかったから別にいいんだけど証明写真ブスすぎて。顔採用じゃなくてもこれは弾くのでは…?って出来でした。
毎日毎日早起きして都会に繰り出して、精神的にも疲れるしで就活って自暴自棄になるんですよね。
毎朝10分かけたところでキマるとは限らない二重。キマったとてアイテープもろばれ。きつい目。でかい鼻。そしてなにより、大量の余白。
鏡を見る度思いました。もう何なのこれ…私はこんな顔で何をしてるの?疲れてるんだから顔くらいマシであってくれ…
 
きっかけは忘れたけどそんな感じでだんだん整形が現実味を帯びてきました。
毎日早起きするっていう社会人と同じ生活を送ったからかな。社会人でアイテープもろばれもキツいしね。しかもそれが睡眠時間を削って奮闘した結果なんですから尚更。
 
そして就活が終わりしばらく遊んで、落ち着いたころに整形第一歩として、3万でほくろを一つとりました。
目頭のとこにあったやつ。ちっっさいやつ。ここのほくろとったんだ~って話したらみんなに「そんなとこにあったっけ?」って言われるくらいのちっさなほくろです。
でもとってよかったです。

 

整形ってお金はかかるしリスクも高いけどちょっといじったくらいじゃ変わらないんですよね。自分はわかるけど他人にはわからない。何箇所かいじってやっと印象が変わる。そういうイメージです。二重メイクしてなかった人が突然二重になったらそりゃわかるけど、二重メイクしてた人が二重手術してもまあわからないですよね。毎朝キマるかわからない二重を作るっていうギャンブルがなくなるだけで。だからそういう人が印象変えるには他も改善する必要がある。

 
で、ほくろの除去の話に戻りますが、私は小学生並に好奇心が強いので、手術室に入ることも麻酔することも、何か電気でジリジリ言ってる棒を皮膚に食い込ますことも皮膚が焼けるにおいも新鮮で楽しかったし怖さは0でした。麻酔が切れたあとの痛みすら実感がもててなんだか楽しかったです。私の整形が始まったんだっていう実感です。 

ちなみに初めて親知らずを抜きに行ったときも、落ち着きすぎて看護師さんに「大物ですね!!?」って言われました。これから顔面工事するのに歯1本抜くくらいでビビってたら身がもたないってばよ!
 
ほくろをとったのは8月末。
もろもろの予定を考慮して11月頭に手術をしようと決めて、二重のお勉強とカウセ巡りが始まったのでした。 
 
 
to be continue...

*1:実際に亀梨さんが整形とか整形じゃないとかの話は一旦置いておかせてください。

何の取り柄も無い19卒の就活体験記

お久しぶりです~~~~就活終わりました!!終わった!!

やっぱ事務職一本だと時間かかりますね!!いやすぐ終わる人もいるけど!

ということで私が就活終わったら書きたかった就活体験記を書きます。

大体こちらの記事と同じように書いていきます。

 

 

trgtrm.hatenablog.com

 

 

☆私 
東京郊外在住/19卒/社会学
志望業界は最初はやっぱ人気業界の食品メーカー!と、姉に勧められてクレジットカード業界。あと文房具とか、オリエンタルランドとか()
でもクレジット系は全部落ちたし、文房具も採用データとかを読んでるとなんか合わないかも…って感じたので自然にやめてました。
大手志向とかは別になかったというか大手だと総合職採用ばっかりで、死んでも営業やりたくなかったので最初から中小ばっか見てました。
 
上記業界諦めてからは業務用食品とか住宅系、あとはパッケージ業界みてたけど固執はしてなかったかな。
バイトは1年のころから就活中までずっと週4。
サークルは特に入ってないけど動画サイトの「踊ってみた」というジャンルでこれも4年間グループ組んでやってたのでそれをサークルということにしてたww
 
☆軸
・事務職
・全国転勤がない
(・選考にグループディスカッションがないことw)
GDは単純に苦手だから。やっぱただでさえ精神的に疲れるので負け戦ってしたくないんですよね。

1dayのインターンで何回かやったけど、元々友達同士でさえ4人集まったら喋れなくなるので、多分ほんとうに会話に向いてないんだろうなと思っていました。

練習しても一向に改善の兆しも見られないし、そのときのグループにどんな人がいるかによって戦略異なるので、ものすごくエネルギーを使わなくても場をまわせる人または意見を言える人じゃないと厳しいなって思いました。

でも行きたい企業の選考にGDがあるとか、選択肢狭めたくないから頑張りたいという志の高いかたはインターンで場数踏んでみてください。夏からやってるからね。GD得意ですと言えるまでにはならなくても困らないくらいにはなるはずです。(←ならなかった人)
 
で、元々は総務とかの管理系事務が第一志望だったんだけどそういうのってどこも若干名の募集しかないのに応募人数が多すぎるので、
譲歩して営業事務を希望職種にしてました。管理系事務って倍率高すぎてそれってだけで基準の学歴が1ランクくらい上がったりするんだって。怖すぎるよね。
 
 
☆時期とやったこと 
インターンは1dayのやつを夏から冬にかけて数社。

意味ないことはないけど、業界説明&GDの練習会だと思ってよしです。私は行かなくてもよかったかな。
あと3年の5月くらいから学内で開かれてた就活講座みたいなのはほとんど全ステしてました。
3年10月はSPIの対策講座受けてましたね。SPI対策、やらないよりはやったほうがいいけどやらなくてもなんとかなる()

 

【3年2月】
説明会×1(合説は含まない)
 
ゼミで論文書かなきゃだったので中旬まではそれにかかりきり。
終わったらパッと遊んでがっつりインフルエンザ罹患しw、治ったかな~治ってないかな~くらいで月末に学内合同説明会があったのでそれはほぼ全ステして(大迷惑)、そこから説明会行脚が始まりました。
3月始まる前にどこにエントリーするか30社くらい決めておいた。
行った1社はウエディング系の会社だったんですけど姉がウエディング行って失敗してるのと顔採用だなって感じだったのでやめた。


 
【3年3月】
説明会×18

面接×2

3月は1日1社が多くてたまに2社っていう日が多くて中旬は本当に出ずっぱりだったので春分の日がオアシスでした()
普段自宅警備員の私が3/1に就活解禁したときにいきなり外に出だしたものだから色々枯れ出して、なぜかマッチングアプリをインストールしたのも3月ww

 

 

【4年4月】
説明会×18

面接・GW×4
 
4月も同じだけ説明会には行ったけど授業は始まるし選考も増えたし、説明会と同時に履歴書提出ってところが多くて本当に大変だった…
1日に2社説明会入れることも増えたけど、東京の郊外住みなので都会に出るのにとにかく時間がかかったのがまじで眠かった!!!
精神的にどうとかより体力的にきつくて荒んできて、トイレのドアを脚で閉めるようになったのもこの頃ww 

 

そういえば朝から派手に雨が降って派手に電車が遅延して、傘さしながら面接に走った後に学校に寄りエージェントに行くっていう地獄みたいな日があって。それでエージェントは担当さんとの相性が重要だってわかりました。なんか合わなかった。
で、「面接の経験回数が少ない」って言われて面接の練習として携帯の販売員を受けてみなさいって言われてその場で選考入れさせられたんだけど、携帯の販売員ってバックアップとってない客にちくちくと何かを言われ続けて、自己責任とも返せず圭人くんみたいな八の字眉をおでこに貼り付けて謝ってるお姉さんでしょ???(酷い偏見)

練習とはいえ行きたくもない会社受ける気にはならないので、のちに他社の選考ぶつけてそっちは切りました笑 エージェントに行ったのはそれっきり。
あとKAT-TUNのコン参戦したときはまさかのお昼にGWが入ったのでリクスー参戦でした。なかまるくん見てくれてたかな?(ない)*1

 

 

【4年5月】
説明会×10

面接×6

就活生あるあるかはわかんないけどゴールデンウィーク挟むことによって今まで通りに動けなくなるっていう…wまあでも無理は続かないですからね。
午前中に説明会や選考入れるのをやめました。眠いから。荒んでくるから。
で、ここにきてやっと初めて一面が通りました。すごく嬉しかったけど受付に入っても1人しか挨拶を返してくれなかったのと、面接官に対しても色々思うところがあってそこはキープにしてた。
現場はNEWSのEPCOTIAさいたま!!この翌日にもう一つ別の一面があったけど、ここがご縁のあった会社です。
余談ですがこの月はマッチングアプリでは3人と会いました。オスと会うためにパックしたり、あとはここ2ヶ月ずっとスーツしか着てなかったから久々に私服が着られたのもうれしかった()就活ばっかの生活にハリが出てこんな使い方も悪くないと思いました。

 

 
【4年6月】
説明会×13

面接×2 

6月はとくに何も無い…けど周りは順調なのに私は一面があまりにも通らなすぎて不安で、ダメだったらっていう就職以外の道をぼんやり考えてました。
派遣、フリーター挟んで公務員試験受けるとかね。地元のタウンワークとかも回収し出した。
時期的に周りはもうスーツ脱ぎ出して、ゼミ行っても私だけスーツとかあったし友達がツイッターで「最終面接終わった!」ってつぶやいた後にそれに関するつぶやきが無いのとか、おそらく内定者懇親会に行ったであろうつぶやきを見るとなんとなく察するしあぁ気使われてるなって、それが嫌でしくしくしてたww
本当に6月は何も進んでないのに無理せず淡々とやってた感じ。ていうかそろそろ行きたいと思える会社が見つからなくなってくる。
そいで急ですけど例のマッチングアプリで中旬に彼氏を作りました。9歳上、いわゆるデキる人。職業柄いろいろな話を聞いて解決するのが得意な人なので相談したりしてました。エージェントとラインしてるみたいだった笑 まだ手探りだけどとてもいい人だと思うので続くようがんばる。というのろけ。

 

 

【4年7月】
説明会×2

面接×4

初めての最終が決まり、まだ受けてもないのに説明会を減らしだしましたww
まあでも業界に関する勉強とか特に何もせず二面まで通過してしまったので、最終はさすがに勉強せねばと思ったので、業界がまるごとわかる本!みたいなやつを一冊読んで業界の流れを勉強してそこから逆質問を作るのに時間をかけて、社是や経営理念などを覚えて当日もちゃんとニュース読んだ!!!何一つ聞かれなかったけどな!
他社の一次も受けたけどそれはやっぱり通らないですね。なんなんだろうね。何が悪いのかがわからないまま就活終わった。
 

☆内定いただいたとこの選考
内定いただいたとこは住宅系の商社です。

書類選考や筆記もなしで面接のみ、一次から最終まで全部1:1、これが私に合ってた。
一次はリクナビで予約する先着順のやつ。何も対策はしなかった。

二次は2回目だったけど初の会社のがかなり独特だったのでほぼ初めて。私は外見や自己PRもかなり大人しい系で活発に見られることが少ないと思ってて、それが長所でもあるけど短所になる方が多いって感じてました。なので、ダンスが趣味ってことを推したり雑談の中で自分の中の明るい部分を100%出すようにしてました。

それで初めての最終、これは1時間まじでずっと雑談wwなんで当社がいいの?っていうのは聞かれたけど。
で、うちにきてくれるなら内定出すけど、どう?って言われてもちろん受けたけど書類が届くまで不安だから届くまではナビとか消さずそれまで通り動いてました。
なぜここがいいか、っていうのは
・商材に関心があるから入社後も勉強し続ける自信があった
・サポートが好きだから事務職がいい
・でもずっと座ってる事務は嫌だったので事務というくくりの中で活発に動きたい
っていうのがありました。
なのでお客さんに会ったりすることが多いって聞いてたのでそう考えるとここしかないってひとつひとつ伝えました。これは全部本当に思ってること。
あと私テンプレ就活生になるのがとても嫌で、グループ面接で「就活の軸は?」って聞かれて「社会貢献度が高いことです」って答える人を見て本当に?って思ってたし話を盛ることもできない、難しいことも言えない。バイトしかしてないのにバイトで何か成し遂げたかって言われてもたいしたことしてないし。志望動機もクソみたいな志望動機しか作れませんでした。それは最後までそうだった。内定もらった会社の志望動機もクソみたいだし、書類選考あったら確実に落とされてた。
一面通らない仲間と話してて気づいた共通点は、話を盛ることができないってことです。NNT(無い内定)のときANT(ある内定)のゼミ友達と話したけど、とにかく話を盛るのが大事らしいです。みんなが盛ってるのに自分だけ等身大でいったらそりゃ弾かれる。できないことでもできますって言う。それが一番のテクニックだって。なるほどと思ったのと同時に私にはできんなと思った笑 私にそういうシステム無い。

 
☆失敗したこと
ノウハウ本の読み過ぎ、就活セミナーの参加しすぎにはぜひ注意してほしい。全部書いてあることが違うから読めば読むほど混乱します。大学のキャリアセンターが講座ひらいてくれると思うんで、テクニック的なやつはそれ参加すれば十分です。もしかしたら参加しなくてもよかったかもしれない。今は企業の人事の人がツイッターで面接のコツとか心構えとか発信してくれてるしそれで十分だったかもしれない。

あとマイナビのWEBセミナーってやつも結構がっつり利用してたけど学校で聞いたことと違う…ってことが何回もあって。自己PRや学チカで使うエピソードすごい大きな事じゃなくてもいい!!って言ってるのに、出す例で十分大きな事成し遂げてるから説得力がないったらありゃしない笑 面接官の好みも大きいから堂々巡りって感じ…

早いうちから行動してたつもりはあったからこれで一番に内定とるぞ!!っておもってたのに一番どころかリア友の中では最後だった気がする。把握してないけどたぶん最後。結局頭でっかちだったんです。
 
 
あとお金はめっちゃかかります。春休み入ってからもしばらくは学校行ってたので3月頭くらいまでは定期があったんだけど、3月と4月またぐときって学生証の期限の関係で更新ができないじゃないですか。だから切れてからは本当しんどくて、1週間に1万チャージしても足りなかったです。郊外住みのしんどいところ。午前午後入れてたときはご飯代もかかるし。心が疲れてるときほどコンビニのおにぎりとかじゃなくて、カフェとかレストラン入ってちゃんとあったかくてしっかりボリュームのあるものを食べようって意識してたけどあまりにお金がかかるので就活終盤はやめてコンビニおにぎりにしました笑。でも元々就活終わったら免許とるのと整形するつもりでちょっと貯金してたからそんなに困ることはありませんでした。だから貯金はしっかりしておきましょう(^-^)
 

☆全体の感想

就活は楽しいって言う人も結構いると思うんですけど、私は正直楽しくなかった笑

まずカバンは中身少なくてもむっちゃ重いし顔が際限なくある私にとって触角出せないのはまじでしんどかった!!!こんな顔で電車乗って同い年がいっぱいいる説明会に行くとか正気かよ!?って感じだったけどだんだん説明会には触角出すようになったww面接のときはさすがにしまっていったけどね。

夏は外歩くときは片手にジャケットと日傘、片手にクソ重いカバンを持って歩くのがもうそれだけで体力消耗。重いものって水筒くらいしか入ってないんすけど…

楽しかったことといえばパッケージの会社行ったとき、こんな小さい会社がこのお菓子のパッケージ作ってるんだ!とか、有名コーヒーショップの紙コップ作ってるんだ!とかそういう日常で目に触れるものが出てきたりすると結構テンション上がって楽しかったのはある。

でもそうやって入社意欲あげておいて、入社したらとりあえずみんな営業です!!とか言われた日にゃ軽く荒み気味で帰ってましたwwこういうことはマイナビとかに書いてなくて説明会行って初めて聞けることが多いけどそのへん重視してる人もいると思うから書いておいてほしいよっていう愚痴。

それと当たり前だけど15時終了の説明会と15時開始の説明会はどっちも出ることはできないし説明会いくのに交通費もかかるから全部WEB説明会になる日がくればいいなって願ってるよ。

 

 

終わり方がわからないんですけど私みたいに大学4年間何事もほどほどにって感じでヲタクごと*2以外何も打ち込んだ経験がない事務職志望さんはぜひ採用人数が多いところ中心にチャレンジしましょう。それが吉です!!健闘を祈る!

*1:バルコニー席

*2:一番打ち込んだのはディズニーのダンサーヲタ活動。週3行ってたこともある。

Hey!Say!JUMPがディズニーダンサーになったら~ランド編~

ジャニヲタであると同時に、ディズニーの出演者ヲタでもあるわたし。 
「Hey!Say!JUMPがディズニーダンサーだったら彼らはどんなダンサーだろう?」
という我ながら天晴なテーマを退屈な授業中に思いついてしまい考えたのですが
これが楽しい楽しい… 
ディズニーの出演者ヲタにはジャニーズと兼ヲタの方が大勢いらっしゃるらしいのでなかなか需要があるのでは?と記事にしてしまいました(うぬぼれ)。
ただ私はそこまでコアにヲタやってるわけでもないのでそちら側のヲタから見るとちょいちょい「この感覚違うんじゃない?」なところもあるかもしれません。特に外部事情。
 
記事を書くにあたって説明しておかなければいけない用語が混じってくるので
先に説明しておきますね↓
  • オンステ…オンステージの略。私達がパーク内を歩いていて目に入るところは全てオンステージです。レストランにいるキャストさんもみんなオンステ中です。今回はダンサーさんに当てはめるので、「ショー中」と解釈していただければと思います。
  • 手遊び…季節もののパレード待ちをしていると、パレード開始10分前くらいに放送が流れてキャストさんが前に立って簡単な振り付けを教えてくれますが、その振り付けのことです。
  • ダン…ダンサーの略。
  • 外部…ダンサーさん達が集まってみんなでパーク外のステージとかを貸し切ってやるイベントのことです。ただみんな出るわけではなく、あんまり出ない人もいますし、人によってはまったく出ないってこともあるかも。オリ〇ンタルランドが介入しているイベントではないので、完全にダンサーさんの自由になります。たぶん。
  • 面会…外部で休憩時間とか公演後とかにダンサーさんとお話したりできる時間。

こんなもんですかね?書いてある順番はかなりぐちゃぐちゃだけど特に意味はないです!また、イメージで書いてるのでご本人様の実際と異なる点が多々あります。

カッコ内はお昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」の配役名です。あくまで非公式の呼称です。お写真はここに載せちゃうのはグレーゾーンだと思うので気になる方はインスタで「#ハピネスダンサー」「#ディズニーダンサー」などというタグと一緒に見てもらえるとわかるかと…!*1

 

ざっとこんな感じですかね?

さぁさっそくいってみよう!!

 

 

 
  • 中島裕翔(ダム、煙突)
    オンステで他のダンとよく絡む。ファンサは少ないけど手遊びはゲストの目を見てやってくれて、うまくできると親指を立ててグッジョブってやってくれる。アレンジのバリエーションが豊富でとにかく最初から最後までよく動くので遠くからでもわかりやすい。インスタにあげられているどの動画も最高のクオリティで、他ダンのファンからも「裕翔くんすごいなぁ」って言われてる。多趣味なので外部は基本出ず、オフの日は趣味に充てている。でも同期の卒業イベントは積極的に出るので、中島追いはそこに命をかけてチケを取りにいく。

  • 有岡大貴(ダム、魔人、煙突)
    オンステで他のダンとはあまり絡まないけど、相手から絡んでくると嬉しくてついニヤけちゃう。追い歴が長くなるとよくハイタッチをしにきてくれる。指差ししてるところをよく見る。ダンスのセンスがずば抜けていてなんでも難なく踊りこなすので、先輩からも一目置かれる存在。向上心が高いので、たまに気分でひかけとを誘ってダンスレッスンを受けに行くらしい。服が好きで、面会で服とかプレゼントすると喜んでけっこう着てくれた時期があったけどそのせいでファンがプレゼントしまくって服が増えすぎちゃったのが小さな悩み。

  • 薮宏太(煙突、アラビ)
    裕翔くんと同じく特定のゲストへのファンサは認知があってもあまりせず、ファンがいる一帯にまとめて大きく手を振るタイプ。子供に丁寧に絡む。よくファンに向かって声をかける。手遊びがうまくできるとグッジョブポーズをくれる。やぶゆとは系統が似ていて同ポジが多いので、薮くん追いは裕翔くんも好きだし裕翔くん追いは薮くんも好き。ファンのマナーはNo.1。毎日のくらしを丁寧に送りたくてペースが乱れるのがあんまり好きじゃないから外部はあまり出ない。でも裕翔くんが出る時は「裕翔が出るならたまには…」って出る時もある。

  • 伊野尾慧(ダム、煙突、シーガル)
    ファンサほぼなし。ふとした仕草、表情、軽いアレンジがあざとく女子のツボにハマる。そんなにダンサーに詳しくないヲタクでも伊野尾くんのことは知ってる。彼が動くとそのへんのカメラのレンズが一斉に動くのがおもしろい。いつも伊野尾くんポジションの埋まりは最速で、下手するとキャラのポジションより早く埋まっちゃう。アレンジにマイブームがあり、ハマるとそればっかりやる。お気に入りのファンは特にいない。外部の面会はドライめで、ファンの話を笑顔でうんうん頷きながらよく聞いてくれるけど警戒心が強いので自分の話は全くしない。でも踊ってるときは人懐っこい感じがするので同一人物なのか疑わしくなる。

  • 八乙女光(ダム、カウ、魔人)
    ツンデレ系でたまに認知に爆弾を落としているのを見る。ハマったら抜けられないダンNo.1。アレンジはあんまりしない。バースデーシールを見つけるのに命をかけてるところがあるのでたまにキョロキョロ探してる。でもそれに神経使い過ぎて他のダンからの絡みに気付かなかったりしてる。でもちょっと遅れて気付いたときの「え?(笑)」って感じの素の笑顔がかわいい。ファンのマナーはとても良い。外部の面会は予定時間内にちゃんと終える。というのもトークの王様なので、本人は意識していないが1人1人との会話をちゃんと盛り上げていいところで締めるので満足度が高い。

  • 岡本圭人(煙突、アラビ)
    ダンとの絡みでいじられ要員。魅惑の八の字眉で母性本能溢れるファンがつく。イベント始まってからしばらくは振り付けとか移動とか間違えないかちょっと不安そう。人の顔を直視するのが苦手で常に視線迷子なので認知になるのは大変だが、なれれば「あっ!」という表情と指さしのあとに写真用のポーズをとってくれる優しい子。その後はしゃぐファンを見てにっこり。ファンは少ないけどこうしてリア恋が増えるので面会はちょっと殺伐。でも本人はあんまり気づいてない。ポーズ・アレンジのパターンは少ない。小道具でエアギターばっかりやってる。山ちゃんとオフがかぶるとよくインしてる(パークに普通に遊びに来る)。

  • 髙木雄也(煙突、カウ)
    認知されると天国。遠くで見てても見つけてくれる。なんとダン全員と友達で、よくお仕事前日にもかかわらずお泊り会とかしてる。でも夜更かしはしてもちゃんとお酒はセーブするので二日酔いでお仕事行くとかはない。でもちょっと眠そうでパレ直前に腕組みして目つむってうとうとしてる。後輩が好きでよく話しかけにいくので、特に入りたての新人ダンの心のよりどころ。人が良く積極的にオフ出(休日出勤)するので連勤が多い。そのためシフトが不安定になりがちで、追ってる側としては大変。面会では会話の終わらせ方がわからず長くなりがち。プレゼントでダメージジーンズかスタバカードをもらう率が高い。

  • 知念侑李(煙突、カウ)
    ファンのほとんどは古参。でも新規にも優しく、みんな仲良くなれる。待ち時間の間にファン同士で友達になるとかある。認知になるのは大変だが、なくてもちょいちょい構ってもらえて楽しめる。ふわっとしたファンサしかしない。指さしとかしない。煙突のサビダンス*2が好きで毎回鬼気迫る表情でやる。人見知りだけどステージが好きなので、面会の無い外部に出演することがある。その時はもっぱら真面目なジャズダンスナンバー。お休みの日は家でDVD見てて大体山ちゃんがくる。で、圭人冷やかしに行こうぜー!ってそのままインしたりする。

  • 山田涼介(煙突、シーガル)
    基本オンステでは他のダンと絡まない。でも知念くんか圭人くんがいるとたまに絡みにいく。裕翔くんがいると向こうから絡んでくるので付き合ってあげる。事故写真が世界で一番嫌いなので踊ってるところはあんまり撮らずに決めポーズで静止してるとこだけ撮ってほしいらしい。意外とアレンジが絶妙にダサい(もちろん“あえて”)。真面目にふざけて笑いをとりにいくのは子供に笑ってほしいから。子供が大好きなので気持ちポジずらしてでも子供と絡みに行きたがるのが悪い癖。子持ちのファンもちらほら。お世話になった先輩の卒業イベント以外の外部は出ない。「パークで踊るためにテーマパークダンサーになったので。」

  

これで9人分!!!たのしかった!!!!!全員追いたい!!!最高!!!

もっとハピネスイズヒアの男性ダンが多かったらデビュー組ジャニーズ全員でシュミレーションしたいし、それは無理にしても現時点でもう次のテーマ考えてる笑 

これはいい暇つぶしを見つけた…授業中寝ないで済むぞ…

  

ちなみにランド編と書きましたが私はランドのことしかわからないのでシー編は私の好きなダンサーさんがシーに異動したらになります笑 

 

それではまた次回♡|:3ミ

 

 

*1:ちなみにしょっちゅう出てくる「煙突」は8人構成なので誰かひとりを削らなければいけなく、本当は全員にやってほしいんですが消去法で光くんにしました…光くんはなんでも合いそうなので他のメンバーにこれはなあ、と思ったところにすかさず突っ込んだら3キャスになってしまいました。

*2:パレードの曲中に煙突にだけ超シャカリキで踊るパートがあるのですが、そこのダンスのことです。

ジャニヲタの私があることをきっかけに断捨離を始めて1年②

手放す手段は売る、人にあげる、捨てるなど色々あります。周りにグループを好きな人がいればあげるのが一番いいですが、いない場合は売るのがよいでしょう。売る手段も思いつく限りでは①ジャニーズグッズ専門の業者にまとめて買い取ってもらう、②ブ○クオフなどに自分で持ち込んで買い取ってもらう、③メルカリ等に出して譲るという3つの手段があります。ここでは私が実践したこの3つの方法についてメリットとデメリットを挙げていこうと思っています。 

 


①ジャニーズグッズ専門の業者にまとめて買い取ってもらう(買い取りサービス)
・オススメ度:★★☆☆☆
・メリット:いらないものをまとめて買い取ってくれるので一気に部屋が片付き、スッキリする。家に集荷に来てくれるので手間がかからない。銀テや会報誌も買い取ってくれる(たぶん)。
・デメリット:よっぽどのレアものでない限り買い取り金額が安い。未成年の場合保険証のコピーが必要だったり親のサインが必要だったりしてちょっと面倒。 

 
 この手の方法では、ネット等で業者のサイトからダンボールを注文→届いたダンボールに売りたいものを入れて書類にサインし、集荷に来てもらう→査定してもらう→金額がメールで来るのでよければOKですと返信、納得いかなければ送り返してもらうように返信→口座に振り込まれるor返ってくる
という流れです。私はJUSTYというところで買い取ってもらいました。送るときは送料はJUSTYさんで負担してもらえますが査定後にキャンセルして返してもらうときの送料はこちら負担になります。
 
買い取り金額についてですが私はCDを数十枚、公式写真10枚ちょっと、会報誌5冊程度、DVD5枚程度を売りましたが1000円ちょっとにしかならなかったです…キャンセルを考えましたが重さを考えると送料の方が高くつくのでは?と思いそのまま売っちゃいました。が、キャンセルすればよかったと激しく後悔しております。確かに今では買えないようなレアものは無かったですが、半分以上は初回限定盤だったし状態もわりかしよかったのに…! 
あと、明細は請求しないともらえない(請求すると通常より少し時間がかかることがありますみたいなことが書いてあった)ので、1000円がどういう内訳かはわからないのですが銀テや会報誌も買い取り可とは書いてありますが実は値段がついてなかったなんてこともなくはないかもしれません!!!
手軽さを考えるとアリですが、せっかくならもう少し高く買い取ってもらいたいですよね?よっぽどのレアものがなければ他の手段をとることをオススメします。ちなみによっぽどのレアものが何かはホームページに行くと具体的に書いてありますが密林でもプレミア価格がついてるようなものが多いです。(例:美恋DVD初回盤)
 
JUSTYさんはディズニーグッズの買い取りもしていて、Dヲタでもある私はせっかくだからと(←何が)別でディズニーグッズも結構な量売りました。カドリーベアのぬいぐるみやミニつんのぬいばをごっそり売りました。が、こっちは500円いかなかったかな…ジャニーズグッズを買い取りしてくれるのはジャニーズ館、ディズニーグッズを買い取ってくれるのはディズニー館です。会社は同じで住所も同じだった気がしますが部署的なのが違うのかな?と思うのでダンボールは別で注文するなどして兼ヲタさんはお気をつけください!
買い取り金額やその他手続きのことはここではJUSTYさんのことしかわからないので、利用する業者さんのホムペをしっかり読みましょう!
    
②ブ○クオフなどに自分で持ち込んで買い取ってもらう
・オススメ度:★★★☆☆
・メリット:買取金額がたぶん①よりは高い()  
・デメリット:量が多いと持っていくのが大変 ペンラ等は店舗によって売れないこともある

 買取金額が①よりは高いと書きましたがこれも相当安いと思ってます。CD10枚ちょっと売って300円でした。ご参考までにどうぞ。下手したら①と同じくらいかも。

www.itmedia.co.jp

最近こんな記事も出たようですが、ぶっちゃけそりゃそうだろ…と思います。

次に書きますが多分フリマアプリの影響が大きくて、消費者はいらないものを高く売りたい、ほしいものを安く買いたい、なのにブックオフはその逆をいっています。③でなかなか売れないな~ってものだけをここで売った方がいいです。


③メルカリ等に出して譲る
・オススメ度:★★★★☆
・メリット:身分証明などがいらない 自分で値段が決められるので①,②よりかなり高く売れる 袋やメモなど引き出しの肥やしが片付く
・デメリット:梱包や発送が面倒 トラブルの心配がある 購入してくれる人がいないと物が減らないので片付くスピードが遅い 郵便局員に顔を覚えられる()

 
 メルカリは自分が売りたいものを300円からの値段をつけて売ることができるフリマアプリです。もちろん他の出品者のを買うこともできます。発送方法はらくらくメルカリ便など色々ありますが、自宅にあるいらない袋や封筒などが使える、定型・定形外郵便を使うのが一番簡単かと思います。ディズニーのお土産袋とかついつい可愛くて溜め込んじゃうけど大した使い道があるわけではなくだからといって捨てたりゴミ袋にするのは…って方にピッタリです!あれめちゃくちゃ重宝します!やわらかいビニールだから中身の大きさに合わせて折るのも簡単だし隙間をしっかりテープで留めれば雨による水濡れも防止できます(たぶん)!いらないメモに発送先と発送元を書いて、中に「この度はお取引ありがとうございました」というようなお礼の一言を書いて入れておけば印象良く終われますし一気にメモが3枚減ります!やった!
 ただ郵便で送ることのデメリットは、ポストに入らないような定形外は郵便局に行かないと発送ができませんし、お仕事や学校で忙しいと郵便局が空いている時間に行くのも結構難しいと思います。私は学生なので長期休みのときに一気に売ったためその辺は苦じゃなかったんですが授業始まってたらめんどくさくて一気にブ〇クオフに売りに行っちゃっただろうなとも思います_(:3 」∠)_なのでまとまった休みがないとちょっと難しいかもしれません。
 あと一番のメリットはやっぱりお金が一番多くもどってきます!!そもそも300円からしか出品できないので手数料を引いた270円分の売り上げは保障されてます*1し(売れればですが)、ブ〇クオフなんかは安いとCD1枚30円くらいなのでそれから比べれば圧倒的に高く売れます(売れればですが)。なお出品する際はメルカリ内で相場を調べてから値段設定をすれば損がありません。同じ商品で売れ残っているものと売り切れたものの境目から少し上めくらいの値段をつけるとわりかし早く売れます。

 トラブルについてですが、相手様が他の人から受けた評価をよく参考にして丁寧にお取引をすれば無いです。が、意思疎通を図れる手段が取引メッセージだけなのでそのへんきちんとしてない人だと商品が届いてもすぐ受け取り通知をしてくれなかったりしてイライラします笑
 最後にもうひとつデメリットですが買い手がつかないと捨てたり他に売ったりできないので、片付くスピードは圧倒的に遅いです。売れるものは大体出品後3日くらいで売れるので、1~2週間待っても買い手がつかなかったものは潔く処分するか他に売ってしまわないと片付きません。そのへんの潔さは大事です。 

 

 こうしてヲタグッズは着々と減っていき今はもうよく見るDVDや厳選されたグッズしかありません。ここからいかにしていらないものを増やさないかが今後の課題だと思ってます。
 

 


 ぶっちゃけ私の断捨離が始まったきっかけは、“自担の脱退”という ヲタクが全員経験するわけではないことなので、今全力でヲタしててジャニを中心に生活が回っててそれが楽しいからいいという方は別に断捨離なんてする必要なんてないのかもしれません。大好きなものに囲まれているのが幸せで、そうでない部屋なんて落ち着かないというならむしろしない方がいいのかもしれないんですけど、いずれヲタ卒したいなって考えてる人とかなんとなく気持ちが冷めてきてもっと自分磨きや違う趣味にお金や時間を使いたい…という意識になってきてる人にはオススメです。物に縛られるってこともあるので。いきなりヲタ卒は難しくてもそういう意識でゆるくヲタクすることならできますからね!

私はもともとダンスが好きでダンス習いたいとずっとゆるっと思っていたんですけどもう20歳だし遅いよなって諦めてました。でもついていけそうな少人数制のスクールを探して今月から通います。初めて「誰かを応援すること」以外の趣味ができたかもしれません。D行っても人間ばっかり見てるので← 人を応援することだってめちゃくちゃ楽しい趣味ってことは身をもって知ってます。だけど種類の違う楽しいが自分の中にあることは幸せです。ぜひそういう趣味を見つけて欲しいなって思います。 

 

 元自担JTくんが退所してからは、かねてより別に応援していた□♡▽○とおじゃんぷくんを本格的に応援するようになりましたが、断捨離をすることでモノを買わないメリットに気づいた私は今までのような全種買いはやめ、欲しいものだけ購入するようにしています。 

 雑誌を買わないのが普通になったりコンサートグッズをちゃんと吟味するようになったりジャニショに入っても1枚も買わずに出てくるってことができるようになります。もちろん好きなものにちゃんとお金を使うのは発展のためにもすごく大事だとは思うけど義務になってしまっては楽しくないですからね。ジャニショで自担が写ってる写真をとりあえず全部買うんではなくて、自分が一番好きなビジュアルの写真を少しだけ買って大事に写真立てに入れて飾る、そういうのもアリかと。 

 
以上、「今年の目標は机の引き出しを空にすること」な栞でした!

*1:梱包代や送料を負担することを考えると300円ではほぼ手元に残らないので高めの値段設定をオススメしますが

ジャニヲタの私があることをきっかけに断捨離を始めて1年①

はじめまして!!! 

前のブログから飛んできてくださった方ありがとうございます。

初めてお目にかかる方が多いでしょうか 

この記事の前に3つほど既に公開してある記事があるのですが、そちらは前に長いことやってたブログから個人的に残しておきたいものをコピペで移してきたものです(´-ω-`) 

 

自己紹介は省きまして本題に入ります() 

おととし自担が脱退を表明してから、それまで長いこと夢見心地で全力でヲタをしていた私が夢から醒めてそれを機に断捨離に目覚めました。そのグループにおいての全力ヲタ時代はお小遣いをすべてグループに注ぎ込み、シングルは何も考えず全種買い、アルバムやDVDも買わないなんて選択肢はありませんでした。お年玉と少しのお小遣いしかない中学生のときは年に1回出るアルバムを買うのが精一杯でした*1が、シングルも買えるくらいまとまった額のお小遣い(ボーダーは樋口)をもらえるようになってから、すなわち高校生になってからコンのグッズ参戦もできるようになりました。大学生になってバイトを始めてからはマルチアングルのためにDVDを2種買いするというなんともブルジョアジーなヲタになりました。するとみるみるうちに部屋はグループ関連のグッズで埋まっていきました。

 

そんな中脱退が発表され、どれだけ熱をもって応援したところで本人の気持ちが変わってしまったらファンには止められない、という悲しい現実に気づき、山のように集められたグッズ達を眺めながら途方に暮れたのです。

そして色々考えた結果、自身が置かれた環境もろもろ*2を考慮して、9年ほど乗っていたその船を降りることを決意し、断捨離が始まりました。

 

断捨離で私が整理したものはこちら。難易度順になっております。↓

  1. CD/DVD/ダビング
  2. 雑誌
  3. コンサートグッズ(ペンラ、銀テ、ツアバ等)
  4. 公式写真
  5. 会報
  6. 画像
  7. iTunesに入っている音楽

 

前半は具体的にどう整理するかのコツ、後半は物を手放すということに目覚めないと難しいものばかりですので精神論で押し通します!!潔く!!

 

①CD/DVD/ダビングの整理

 とりあえず、まずはレンタルが可能な通常盤を手放すのが一番簡単だと思います。そもそも通常盤を買わないという方はここはすっとばしてください。初回盤はPVや大事な大事なメイキングが収録されてますし、初回盤2は他の2つには収録されていない曲が入ってたりレンタルができないという理由でなかなか手放せないかもしれません。でも通常盤はいつでもレンタルでき映像も入ってないことがほとんどですので、そこまで躊躇ないはずです。断捨離に目覚めてだんだん気分が乗ってくると、初回盤も躊躇せず手放せるようになりますがこれが第一ステップですかね。

 これを終えたら、次に初回盤2(映像は入っておらず、ブックレットとカップリングが入っている種類)に手をつけます。ここではやはりレンタルができないという点が壁になるので、曲は全部パソコンに入れるなりなんなりして保存しておきましょう。私はどちらかといえばブックレットではなく曲の方を目当てに買っていたので、ブックレットは1回見返せば十分でした。ちなみに今は映像が入っていないこういう種類のは買っていません。JUMPのGiveMeLoveの通常盤初回プレスに収録されているTOYではサビ前のなかなか良いパートを圭人くんが歌っているということだけで発売日後に買いに走ったりもしましたが、なかったのですんなり諦めて帰ってきました。

 これを終えたら最後にいよいよ初回盤1(PVとメイキングが収録されている種類)に手をつけます!!これはまず何も参考にせず、自分が過去見たメイキングの中で印象的だったもの、ぜひ残しておきたいものを頑張って思い起こしました。私が降りてしまったGはとにかくメイキングがとても充実していました。撮影の空き時間で野球盤やラジコン、インディアンゲーム、ダーツ等でバトルをし、優勝者にはご褒美*3、最下位にはお仕置き*4があるという「楽屋のコーナー」というコーナー。このコーナー、記憶の限りでは2回ほど最下位の人にお仕置きする代わりに別日で社会貢献ロケに出たという超豪華な回がありました。その2回の最下位はどちらもJTくんがかっさらっていき、進行係としてついていったNくんと一緒においもを食べたり冬に漁業市場に行ってお手伝いをするなど職業体験をしている自担が見られるという圧倒的コスパの良さだったので忘れるわけもなく、これは手元に残さねばと決めたのですがここで一つの壁。 

 

何に収録されていたのか覚えてない 

 

そうです、情報は断片的なので、ここの場面が何に収録されているのかってネットで探してもなかなか見つからないんですよね。幸いこれは楽屋のコーナー、社会貢献ロケとしてちゃんと成立していたので見つかったんですが、他のちょっとした場面まではさすがに見つからないので、長期休みを使って一気に全部見ました。

本当は全部見ると、あれもこれも残したくなっちゃうという心配があったんですがもう気持ちは離れ始めていたので()これはいらないかな、とすんなり決まっていきました。基本的にはあんまり見返したりとかせず、「1年見ていないものは売る」「これが今手元になかったとして買い戻そうと思うものなら残す」とちゃんと基準を決めるのがいいと思うんですけど、なんせ初回盤ですから一回手放したらまた手に入れるの大変だったりしますからね…それでも売っちゃうっていう荒療治もアリだと思いますがまだ完全に気持ちが離れていない状態ではあくまでゆっくりがベストかと思います。ちなみにこうして頑張って探して残した場面が収録されたものや社会貢献ロケが収録されたものも必要ないと思い今は家にありません。

 ダビングは1年間見なかったもの、見たいと思わなかったものを基準に処分するのがいいと思います。ヲ友達にあげるのも大変喜ばれます。

 

②雑誌 

 元々雑誌はあまり買わない私。最近買ったのはNEWSの10000字インタビューが掲載されているMyojo4冊と、JUMPのメンバーの誰かが毎月表紙を飾る企画で圭人りんが表紙になったduet11月号(4冊)です。10000字インタビューはそこのページだけ読めれば問題ないので背表紙にアイロンをあて糊を溶かして引き抜きました。詳しい方法はこちらで画像つきでわかりやすくおもしろく説明していただいてます。

midoriiro2.hatenablog.jp

こちらの記事にもあるように、雑誌解体する時の課題として、未来の自担のページを残しておきたい問題があると思うんですけど、私は好きになった時から追って過去は細かく勉強しないスタイルに異存がないので現自担のページ以外はガンガン捨ててます。誤解のないように言っておきますが勉強しないっていうのは歌とかエピソードは軽く勉強しますがテキストまで遡ってたらキリがないからそれはしませんっていうことですよ!(慌)そういうのはピッタリな出しどころでフォロワーさんの多い先輩ヲタさんが呟いてくださりますから、新規はその知識をありがたく享受するだけで十分です。(自論)

 

③コンサートグッズ 

 これはフリマアプリで売るのがいいと思います。コレクション好きなヲタ様が買ってくれます。

私的基準は、

・各グループで一番気に入ってるペンラを1つずつ

・日常で使ってるもの

・うちわ

以外はいらないもの認定して出品しました。ペンラは鑑賞会する時にいるし、コンで朝からグッズ列並べない時とかは持っとかないと心配ですよね。あと学校行くときはノート、ファイル、筆記用具、お弁当、飲み物、化粧ポーチもろもろが入る大きいサイズのバッグが必要なのでツアバはめっちゃ使ってます。都内で平日の通学時間帯にNEWSのツアバ持ってる人いたら多分それ私です()逆に日常で使えないようなロゴばーん!のツアバは買いません。(なのでJUMPのバッグひとつも持ってません←小声)うちわも本当はいらないと思うんですけどね…ビジュアルいい時は買って残してます。カラオケで自担のうちわずらっと並べて写真撮るのとか会場でうちわで顔かくして写真撮るのとか楽しいですよね…やったことありますよね…?ゆくゆくはこちらも自担1人につき1枚しか持たないようにしたい。けど昨年の長髪くん岡本圭人様がどうしても好みで、だけどテイストも違うしどっちか選べって言われても。(誰も言ってない)

 銀テは悩みましたが全担当Gの中で最新の1本だけ残してあとはポイしました。考えてみれば銀テって思い出にはなるけど絶対欲しい!お金出しても欲しい!お譲りしてくれる人探さなきゃ!ってものでもないし帰りの電車に乗ってしまえば銀テのこともう忘れてる。銀テなくても思い出は残るしチケ半券の方が席とかの情報量多いからそれで充分なのかなと思います。しまい込んでたものだからこれを機になんとか出してあげて部屋に飾れないものか…と足りないアタマで考えたけど何も思いつかなかった…

 

④公式写真

 これは結構こまります(笑)フリマアプリでもなかなか買い手がつきません。メディア系やコングッズは元値が高かったり売り切れたりで買い手がすぐ見つかったりするんですが写真は元値が安いので2枚からのお譲りでないと割高になってしまいます。同担拒否でない方はツイッターに同担のフォロワーさんもいると思いますので、無償提供しますと言って探してみるのがいいと思います。ちなみに私は公式写真(フォトセ除く)と趣味の写真とチケ半券を収納するアルバムを同じにしていて、それに入りきらない分の写真は買わないことにしています。趣味の写真もジャニショの写真もじわじわと増えていくので定期的に整理してます。アルバムは36ポケットありますが今入ってるのは20枚くらいだったかな?現場回数は多くないのでチケ半券は1ポケットに全部入れてます。

 

⑤会報

 現段階で会報の整理まで踏み切れる人はなかなかいないんじゃないかと思います。会報は楽しみでもありますしちゃんと読みますけど、見返すことってあんまりない…ぶっちゃけ個人的に会費4000円はコンサート優先案内の権利とアーティストメッセージに払っていると思っています()複数名義を持つ人もきっとそうでしょう。会報がいっぱい欲しいから名義を増やすなんて人を私は見たことがありません。いたらすみません。私のように優先案内のために会費を払っていて会報が2冊以上あってでもこんなにいらねー!っていう方にオススメ、というかこの頭でなんとかひねり出した使い道があります。

 コンサートの楽しみの1つには、会場でフォロワーさんと会っておしゃべりしたりお菓子交換やお手紙交換をすることがあります。コンでお手紙書く時はめったに会わないお友達と会う機会だったりもするので、いつもしないような華やかなものにして、とっておきたいと思わせるような手紙にしたい。でも絵師さんみたく絵がうまいわけでもない。そこで、渡すお手紙にその人の担当様をスクラップします。そのときに必要となるのが切り抜いてお手紙に貼れるような小さい写真。雑誌でもいいんですけど雑誌って見たくて買ってるのに切る気にもなれないと思いますし会報なら切れるってわけです!!!あくまでも優先案内に会費を払ってる人限定ですが!!笑 

 会報は10Ksで買った会報ホルダに入れてます。掛け持ちしてるので12ポケットしかないと全然足りなかったんですが、会報を素材に使うようになってからは余裕ができました。いつもコンサートレポが掲載されている雑誌を買わないので会報がコンレポ代わりでそれは残していますが、それでも半分くらいあいてます。NEWSかJUMPも早く会報ホルダ出してくれよな!とハガキで一生懸命リクエストしたんですが思いは届きませんでした。ちなみにフリマアプリでは会報も全く売れません。FC入ってれば全員もらえますからね…

 

⑥画像

 もはやモノではなくなってきました。画像なんていくらあっても物理的に場所をとらないので多分整理なんてしなくていいんです。でもしちゃった。単純に、使ってないものが自分の手元にあるのが嫌で。あとは1つの画像を探してる時に数がありすぎるとなかなか見つからなくてイラるからですね( ◠‿◠ ) そんな私の携帯に今現在ある画像は全部合わせて600枚くらいです。先ほどちょろっと出てきましたがディズニーでキャラや出演者の写真撮ったりが趣味なので気に入ってるものは携帯にも移してるんですが、それがなければ多分600枚切るはず!そもそも日常で写真撮る場面がほぼ無いに等しいから少ないっていうのもあります。でも元は1000枚くらいありました。

 

iTunesに入っている音楽 

 ここまでの6ステップでジャニヲタとミニマリストという世界で最も相反する性質を芽生えさせました。もう止まりません。次は楽曲の整理に入ります。小声にします。いくら担当Gであっても全部の曲が平等に好き、というのは多分ないかと思います。作曲者も作詞家も違うのに、自担が歌っていれば全部大好き!なんてことはない…と思う…私が特殊なだけだったらすみません…楽曲はたくさんの方が関わって一生懸命作っているのは音楽業界に一切の関わりがない私でもわかるので、この先を細かく書くとどうしても偉大なる作曲者様作詞家様に多少なりとも失礼な内容になってしまうのでかなりすっとばして結論を出しますが、本当に本当に大好きな曲とたまに無性に聞きたくなる曲だけを残しました!!! 

 

 

グッズ整理は進みましたが、捨てたわけでもなければフリマアプリだけを使ってちまちま減らしていったわけでもありません。業者を使ったり売りに行ったり色々しました。後悔したこともあるので今後生活におけるジャニーズへのウェイトを減らしたいというお姉様お兄様がたのお力になるべく次回は具体的にとった方法とメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。 

 

お楽しみに!(・ω<)-☆

*1:ディズニーとの兼ヲタなのでパーク通いも中学生の割には結構してたため。世の中にはお年玉は貯金、お小遣いももっと少ない家庭があることは承知しております<m(__)m>

*2:主に掛け持ち2Gへの熱の高まり具合、それらとディズニーにかかる費用との間のバランスをとるのが難しくなった

*3:視力が回復するめがね、足ツボスリッパなど基本的には疲労回復?アイテム

*4:ドリアンのジュースなど

Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.に行ってきました

どうもこんにちはo(´∀`)o
 
ついについに、ずっと楽しみにしていたおじゃんぷの横浜アリーナ公演に初めて行ってきたので記録しておこうと思いますv('ω'*v) 
横アリ公演は8月と10月にあり、私は10月のうちの1回だけお邪魔してきました 
 
席はスタンド最前列、そしていわゆる見切れ席。 
たださすがアリーナ会場なだけあって、近かった!メインステ激近い! 
(ドーム公演で育ってるのでかなり感激しました) 
メインステは左右に細く伸びてるとこがあって、たまにメンバーが来て見切れに手を振ってくれるんですよね。記憶の限りでは、圭人りんと大ちゃんと知念くんが来てくれて山ちゃんはサインボールを投げてくれたかなって感じです。多分いっちばん見切れのとこに投げてました 
 
グッズ並び始めるのが少し遅かったので、席に着いたのはもうギリギリでペンラの確認やらうちわの手直しやらでわたわたしていたんですが←、 
 
思ったよりコールが少ない… 
じゃんぷ担は若い子が多いイメージがあって、まあ実際多くてさぞにぎやかなんだろうなと思っていたんですが(良い意味で)
最初のコールもアンコールも、掛け声とかもずいぶんと控えめでした。
 
というのは多分席の関係もあって、私は最見切れに割と近い席だったんですけど最見切れの方々はスタトロ来る以外はずっと座って野鳥の会してたんですよね。だから掛け声どころじゃなかったのかもしれません。ていうかアリーナの近さに感激したと書きましたが、とはいえ席がメインステに近いほどバクステが遠いのはドームと同じなんですよね。私は双眼鏡を持っていないのでセンステやバクステに居る時も肉眼で頑張ってました。というか見切れすぎてまともに見えるモニターがなかったので肉眼で頑張るほかなかったんですが、あれは双眼鏡ないとキツい。実際、公演中「次までに防振双眼鏡買おうな」と自分と約束しました。 
僕とけいとがバクステメインだったのでそれはまじでしんどかった… 
 
MCでは大ちゃんがどじょうすくったり、高木くんがゴキブリ体操したり、ひかけとがハグしたり、終わりには新曲披露もあり、前回のDVDはMCがだいぶカットされてたみたいだけど今回のはカットしないで欲しいな~と思いました(*'ω'*)MC短いって聞いてたけど体感的にはそんなに短く感じなかったな~!みんな面白かった!
 
Orderの前に英語でアナウンスしてる時とか、Fantastic Timeでセンター踊ってる時とか、一番最後ハケる時に「ほんっっとに好きです…」って言った時とか、あ~素敵だな~好きになってよかったな~と思ったし岡本担として現在進行形でチケ代の元とってる~~;;;;って思ってました(なにその表現) 岡本担になって2年経ちましたが、生で見たのは初めてだったので改めて…ってことで、dust2冊買って帰りましたw 
 
見切れ過ぎて(←何回言ってる)、スタトロでけいとりんがきたときまだライト当たってなくて真っ暗な後ろ姿眺めただけだったのはもう本当に悔いですがそれでもかっこよさ伝わってきました 
 
そしてカウントダウンではないけど年末年始のコンも決まったようなので振り込みしてきます\(^o^)/当たりますように!